マッチングアプリ/ネトナンの運用代行のご依頼はこちら⇨

老いていくことの怖さ。未来思考でいることの重要性

自分と同じように「年を取ること」・「老いていくこと」に怖さを感じている人へ、少しでもお役にたてることを祈って。

たいぞーはもうすぐ、誕生日を迎えます。
(たいぞーのプロフィール等については下の記事で紹介しています。)
Let me introduce あれよあれよとアラサーの域に到達してしまったなぁ…というのが正直な感想で。

今まで年を取ることに怖さは感じてこなかったのですが、今年の2月ごろ、コリドーでナンパした女の子たちとカラオケオールをした時に、朝方3時ごろから耐え難い睡魔に襲われはじめ、、始発で帰宅して死んだかのように夕方まで寝てしまう…ということがありました。

20歳のころは2日連続オールなんて離れ業をやっていたのになぁと振り返り、「あっ、もう俺若くないんだ」という事実と、体力の衰えを痛感。

人生で初めて、老いていくことに怖さを感じた瞬間でした。

老いていくことへの怖さ

老いへの怖さ
上の一件があった直後は、年を取ることが怖くてたまりませんでした笑

髪の毛も、スリムな体型も、しわの無い顔も、いきり立つぺ○スも…いつか失っていくのかなぁ…と思うと怖くて仕方がありませんでした。

その他にも、

  • 親が死んだり
  • 友達が結婚したり出産したりでいつものように集まれなくなったり
  • もしかたら日本という国自体が崩壊してしまったり
今まで「普通」だと思っていたことが「普通」じゃなくなることが増えていくんだろうなぁ、という漠然とした不安をものすごく感じたりもしていました。

今できることをする。自分自身に期待する。

ステップアップ
だからこそ、「今できることは、今やろう」という思いが日に日に強くなりました。

一年後の自分は、禿げてしまっているかもしれないし、デブになっているかもしれない。。
だったらネトナンも即もガンガンできる今こそ、やらなきゃ!
という気持ちが今も強くあります。

もうひとつ、当時サミュエル・スマイルズの「自助論」という本を読んで「自分が自分自身に一番期待してあげなきゃ」という思いも強く持ちました。

本の内容をざーーっくり要約すると、「自分が自分の最大の支援者になりなさい」といったところ。

そこからたいぞーなりにマインドを派生させて辿り着いたのは、

「いつまでもかっこいい自分でいるんだ!」という強い覚悟と未来像を描くこと。
その未来像を自分自身で期待する→その期待に応えられるように自分自身が頑張る。
こういったセルフモチベーションアップの重要性を自助論を通じて知ることが出来ました。もしあの本を読んでいなければ、、今の自分はなかったかもしれません。

転んでもタダでは起きない気持ちで未来へ挑む

未来への道
結論、年をとることを怖がっていても来るものは来るわけですし、「今できることをとにかくやろうよ!未来は明るく描こうよ!」というのが老いていくことへの怖さへの対処法かなと、たいぞーは考えています。

とはいえ、老いていく中で絶対に何かしら失います。
若さや肌のハリ、体の自由。

その一方で、必ず得るものがあります。
人間関係、経験、お金。

失うものだけに目を向けるのではなく、何を得たのかを考える。

そんな、転んでもタダでは起きないぞ!という強い気持ちで、老いと未来へ挑もうと思っている次第です。

たいぞーについてもっと知りたい!という方はこちらをどうぞ笑